記事一覧

さらば裏切りの青春#3

千葉の旧い友人。リョウスケからスタジオ練習を録音した音源が届く。聴いてみると1曲目はロジャー・ティリソンのロックンロールジプシーに日本語の詞をつけたモノ。ジェシ・エド・ディヴィスのが有名かな。まあ、ジェシ自体そんなに有名じゃないけど、大好きだね。最近W.C カラスさんも歌っているね。俺も勝手に日本語の歌詞つけて歌ってみたい曲あるんだけど、なかなか追いつかなくて、いつかやってみたいな。水島さんのスリッカ...

続きを読む

さらば裏切りの青春#2

十三ファンダンゴの翌日、新大阪からこだまに乗って博多へ。Bassic Rock FesにTHe FUCK GETSで出演してきました。2017年マンスリーファゲ in Bassicを続けてきてね。俺たちは間違ってなかったと、たくさんのお客さんたちと、カッコ良くて気持ちのいい先輩たちに囲まれて、あの場所でライブができてね。俺はサイコーに幸せだったよ。大きなイベントとか、フェスとか無縁にやってきたからか、フェスと名のつくモノに勝手に苦手意識が...

続きを読む

さらば裏切りの青春#1

今は新大阪。博多行きのこだまが出るまであと1時間。昨夜HONEY MAKERは十三ファンダンゴに出演したんだけど、最高だったね。サウザーの音が随分変化してきて、腰にグイグイくる感じだよね。俺たち地味に地道に上昇してるんだよね、きっと。自画自賛していかなきゃな。俺さまだバカヤロ〜ガハハ終演後に雑葉にいったんだよね。ザッパ母ちゃんいなくなっちゃって、通夜でまひことボラーチョス歌ったよね。父ちゃん元気そうで、女子た...

続きを読む

とっくん

子供の頃を思い出そうとすると、あまりにも希薄で、自分でもビックリする。まあ、子供時代に限らず、記憶力が弱くてアレがいつの出来事だったかとか、全然ダメだね。ただ映像的には残ってたり、たまに思い出したりすることがあるんだけど。保育園から小学2年生くらいまで住んでた家の隣にずっと年下のとっくんという子供がいて、とっくんと、とっくんのお姉ちゃんと俺と3人でよく遊んだたっけ。ある夜にマサ子(母)が「今日はとっく...

続きを読む

友よ

友よ、君は僕がこの町で暮らしはじめて最初に出会った友達。 金はなく腹は減っていた。その日をどう切り抜けるかの毎日に、もがけばひたすらに絡まっていく、物や心がひとつひとつ徐々に無くなっていく毎日は恐ろしい。そんな時に偶然飲み屋のカウンターで出会った君はまるで旧友のように僕の心を楽にしてくれた。そう、君と出会う数日前に、君が働いてた古本屋に大量の小説を売って、その金でなんとかなったんだ。おっちゃんたち...

続きを読む