FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生姜焼き

ここ最近

炒飯を少しは上手に作れるようになりました。

今年は北京鍋を買ってしまうかもしれません。

もし、音楽をやってなかったらと、
たまにそんな役に立たないこと考えたりしますが、

定食屋のオヤジがいいなあ。
なんて思うことがあります。

紅い暖簾に紅いテーブル
ラーメンからオムライスまであるような定食屋
オヤジと奥さんの動きにまったく無駄の無い、

背中で会話してるんですな。

たまにそんな店を見つけると、
嗚呼、いいなあ。
なんて思います。

ツアー中でも、
一人でそういうオーラを探して散策します。

いいなあと思うお店は
古くて汚れてるけど、
不潔さが無いのですな。

チラッと厨房を覗けば一目瞭然。

年季のはいったおたまや鍋。
調味料たちにネギやタマネギが
整然と並んでいるのです。

それぞれがベストポジションに置かれているのです。
オヤジの腕の長さ
おたまの長さ
鍋までスムーズにリズミカルに運べる距離。

ベストポジションが決まるまでの歴史があったんだな。

お客さんにも注目せざる得ないところがまた一つの楽しみです。

一人で定食を元気よく食べる学生さん。
現場帰りのおっちゃんは瓶ビールに野菜炒め。
チューハイに餃子のおばちゃん。

いいねぇ。

十代の頃から現場仕事してたカラダのクセなのか、
結局そんな場所でバカヤローなんて言いながら飲んでるのが好きなんです。

でも、きっと労働してたからなんだろうなあ。

なんつうか、今はなんだか後ろめたさを感じるんです。


まあ、飯を食いにいって美味いとか不味いとか言ってるのを聞くと、
なんだか逆に貧しいなあ。
なんて思うね。

昔、成田にあった中華屋

字忘れちゃったけど、
エンシュウロの生姜焼き食べたら、
オレ、泣くかもなあ。

オヤジの生姜焼き。

美味しかったなあ。

母ちゃんが置いてった千円札ポケットに入れて、

中学生の時ひとりで行ったな。

仲間と行っても、
ひとりで行っても、

オヤジの生姜焼きの味変わらないんだよな。

美味しかったな。
スポンサーサイト

コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。