記事一覧

さらば裏切りの青春#5

昨夜はハニーメイカーでスタジオに集合。

ここ数日で色々と曲ができたから、
3曲くらい、
みんなで合奏して。
大変気持ちよかったから、
帰りに辻リョウさんとコンビニビール。
実に4日ぶりのビール。
なんとなく禁酒してたんです。
んーえらい!
もう引きこもって朝方まで作業。

いい曲ができた時は本当に心に光がさすような気分。
この社会に存在するのは難しい。
けど、いい曲を作ることで、
存在する意味が少しは生まれんじゃねえかと、
まあ、そこまで真剣に考えてないけど、

しかし、ベースを背負ってチャリを漕ぐ辻さんの姿は
高校生か!
とツッコミたくなりますな。
逆にそのオーラ出せるのがすげぇな辻さん。

引きこもり最中に映画を観にいきました。

「約束の地、メンフィス〜テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー」

俺はね。
なんでだろう。
ミシシッピ・デルタの景色。
行ったこともないのに、
なんだか懐かしい、
そこに立ったことがあるような気がするんですよ。
半分以上は妄想だろうけど、
あの地に、憧れだけじゃない、
血の中に流れる想いがあるんですよね。

最初から最後まで何度も胸がいっぱいになった。

同時にさ、

よし、言ってやれ!

俺は間違えてなかった!

見終わった後、
俺の心にはメンフィスの空から光がさして、
全てが輝いて見えたのです。

20年くらい前。
汚ねえ雑居ビルのアダルトビデオショップ。
そこで出会ったブルース、ソウルミュージック。
理不尽な夜からやっとこさ解放された明け方。
ふと手にしたジェイムズ・カー
「ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート」
撃ち抜かれるのと同時にくたびれた体と心の奥の方に入ってくる。
なんというか、
救われるような。
そんな感じで、
あの出来事は忘れない。

公民権運動
人種差別の最も激しかったアメリカ南部の地で、
互いを尊重し、敬い、手をとりあい、人種の壁を越えて、
永遠に消えることのない、
世界中で愛され続ける音楽を生んでいったんだ。

キング牧師が暗殺されて、
街中で暴動が起き
彼方此方で火災
血が流れる。
アイザック・ヘイズは白人のメンバーを護りながらスタジオを出入りした。
「こいつらは俺の仲間だ!」

あの時、ろくにギターも弾けなかった俺のところに、
遠い空から時空を越えて届いたメンフィス・ミュージック。
アレから20年経って、
こうやって続けられてるのは。
あなたたちの力が大きいのです。
あなたたちの音楽に出会って、
音楽を作る上で目先の事に振り回されずにやってこれたんじゃないかと思います。
一生追いかけるのに十分すぎるくらいの理由があるのです。

やたらと空高く崇めるなんてことじゃなくて、
相手を敬うことの大切さを教えてもらいました。
互いの存在を認めあうこと、
それは演奏する時にも、
とても重要なことなんだと。

いい曲ができたんで、
あなたたちに捧げたい。
聴いてもらえるだろうか、
きっと届きますよね!

よーし
ついでだ
少し乱暴に言わせてもらうけどよ〜

今はコレがいけるんじゃねえかとかよ〜
コレやれば売れんじゃねえかとかよ〜
ヒップホップ取り入れればイケるんじゃねえかとかよ〜

そんなんで飛びついて作る音楽なんて音楽じゃねえ
ロックじゃねえぞバカヤロー
恥を知れ!

なんてさもしい行為だよまったく

そんなのに寄ってくるのは音楽を金に変えることしか脳のねえ
やたら業界好きなトイレットペーパーみたいな野郎だろうさ

その音楽には先人たちが激動の歴史と闘い、
その血が刻まれていて
敬意を込めて継承していった人たちがいるってことなんだよ

ちょっと熱くなってしまいましたが、
磔磔ワンマンまで後2週間くらいになりました。
バンドは素晴らしくいい音が鳴っています。
みんな!
見てね!


★7月28日(金) 京都 磔磔
【ユダソロワンマンライブ〜離郷前夜〜】

open18:00/start19:00
前売¥2400/当日¥2800

終演21:00

★7月29日(土) 京都 磔磔
【HONEY MAKERワンマンライブ〜さらば裏切りの青春〜】

open17:30/start18:30
前売¥2800/当日¥3300

終演21:00
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント