FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友よ

友よ、
君は僕がこの町で暮らしはじめて最初に出会った友達。

金はなく腹は減っていた。
その日をどう切り抜けるかの毎日に、
もがけばひたすらに絡まっていく、
物や心がひとつひとつ徐々に無くなっていく毎日は恐ろしい。

そんな時に偶然飲み屋のカウンターで出会った君はまるで旧友のように僕の心を楽にしてくれた。
そう、君と出会う数日前に、
君が働いてた古本屋に大量の小説を売って、
その金でなんとかなったんだ。

おっちゃんたちしかいない飲み屋でみんな君が居ることに安心して、
君と飲むのが楽しそうで、

きっと君は丁寧な心を持ってるんだよ。
一見雑なのにさ、
君は本当に何が楽しい事か、
楽しい時を知っていて、
楽しい時を作れるんだ。

バンドマンとしてとか関係なく、
地元の同級生のように話せる君に、
僕はとても救われたんだ。

三十もこえて友達ができた!
なんて変かな。

だから弱音も本音も
いつでも言ってよこせよ。

君がいてくれたら頑張れる、
君がいたら楽しい、
君がいたら安心できる。
本当にいるんだぜ、
そんな人たちがさ。

安っぽいかな、
でも言わせてくれ
病に負けるな!

君は僕のヒーローで
僕は君のヒーローだ

待ってるよ。

君は僕の友達だから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。