FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街路樹

葬儀場を出て歩いていたら、
自然と水島さんと二人になった。
鴨川を渡って五条から木屋町を北に歩いた。

悲しいという気持ちは
正直これっぽっちもなく
ああ、これからマスターは
焼き場に運ばれて壺の中か、
霊柩車を見送りながら
そんな風にぼんやりしていた。

行きつけの呑み屋で
マスターと水島さん、
二人の雑で乱暴で、
しみじみとしたやり取りを肴に酒を飲んでいるとき、
この町で暮らしている自分ってのを、
少し好きになれたりしたのかな。
そんな気がする。

天気がよかった。
やたらとあたたかくて、
喪服にリュックにハンチング
マスターの親友は
街路樹に咲いた花を指差して、
「きれいやなぁ」
と呟いた。
「きれいやと思うんやけど、花の名前おぼえられんのや」

おれはただ、
そうですね。
としか答えられず、
たんたんと過ぎていく、
あまりにも穏やかな昼下がり、
今の今が、愛おしくて、
この瞬間を一生忘れないだろうと、
そう思ったのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。