FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

度数ゼロのブルース

もう3月も終わりか、
春の陽気とともに
おれの、こう胸の中にじんわりと広がっている感覚。
先日の高円寺での夜。
MOON STOMPの階段をおりていくと、
ブルースギターが聴こえてきた。
シュウさんとの再会とセッション
十数年前、工場で一緒に働いてたんだ。
お互いまともな暮らしなんて程遠くて、
まあ、おれの方が少しはマシだったんじゃねぇかな。
シュウさんは重度のアル中だったよ。
アレを克服するのには、
それなりの壮絶さがあったんじゃないだろうか。
おれは24とかで、シュウさん27とかか、
随分長い時間会ってなかったんだな。
あのまま飲んでいたら、
今生きて会うこともなかったんじゃないのか、
どこか諦めにも似た、枯れてしまった古木のようだった。
それでも弾くギターはナゼか、
ナゼだろう、胸が熱くなるというか、
カッコよかったんだ。
不眠症のマイクブルームフィールドが弾くブルース
そんな感じ。
スライドギターはおれの憧れだった。

挨拶もそこそこにギターを出して
二人で音を出した
ジェムス・カー
The Dark End of The Street
店には誰もいなかった。
おれたちだけの、再会のセッション。

本番がはじまって、
おれはなんだか嬉しくて、
シュウさんのギターは生々しくキレていた。
おれの理想のブルースギター
酒をやめて歌をうたうようになったと、
不器用な歌、絞り出す声でLOVE IN VAIN
この十数年間、この人が
どう自分とギターと音楽と向き合って生きてきたか、
コレを聴けばいっぱつだった。

ベンEキング、エルモアジェムス、スリムハーポ、ジェムスカー、ローリングストーンズ、
思いつくままセッションした。
言葉なんていらなかった。
金、価値、集客、作戦、名前すらどこかへ吹き飛んでいった。
アレが自由ってやつなのかな。
演奏することは何よりも楽しい、
十分わかっていたつもりだけど、
あんな感覚ははじめてだった。
忘れていただけかもしれない、
一応この世界でやってきたけど、
この世界ってなんだよって、
演奏する喜び、最高の瞬間、
おれは逆にシュウさんに教えてもらったんだ。
アルコール依存症だったあいつ、
アルコール度数ゼロになったあいつにさ。
工場で別れてから、
おれもそれなりにギター弾いてきたんだ。
それでもまったく追いつかないよ。
でも、なかなかだっただろ?
なんかさ、あん時、
なんでも弾けるって思ったんだよシュウちゃんよ。
強烈だったよ。

次はさ、二人で旅に出ようぜ、
ブルースの旅だよ。
色んな町でさ、
ぶちかますんだよ。
そんでよ、工場で働いてる俺たちによ、
言ってやろうぜ、
お前たちは大丈夫だってよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。